シャドウバース 疾走と突進の違いとは?

シャドウバースの2回めの大型アップデートで、それまでなかった新しい能力である「突進」が追加されましたね!

この突進、今まであった「疾走」とニュアンスが似ているような気がしないでもないですが、この2つはどこがどう違うものなんでしょうか??

本当に、名前が似ている感じだけあってその違いに「?」な人は多いことかと思います!

そこで、今回はこのシャドウバースのカード能力である、疾走と突進について、それぞれの特徴と違いをまとめてみたいと思います!

シャドウバースの能力とは?

それぞれの能力の特徴と違いのお話に入る前に!

シャドウバースで言われる、この能力とは一体どういったものなのか、おさらいしておきましょう。

シャドウバースのカード能力というのは、特定の能力を持つカードが場にプレイされたときに一緒に発動する特殊な効果のことを言います。

これは各カードが個別に保有するというものではなくて、能力自体は数種類に限定されていて、それが各カードに割り振られているようなイメージになるんですね!

もちろん、能力を持つカード、能力を持たないカードの種類がありますのですべてのカードに能力が備わっているということでは無いのは前提のお話。

シャドウバース 疾走と突進の特徴と違いは?

それでは本題に入っていきましょう!

まずは疾走と突進の特徴と違いについてまとめてみたいと思います。

疾走

場に出たターンに相手リーダーとフォロワーをどちらでも攻撃可能

突進

場に出たターンにフォロワーへの攻撃が可能

ぞれぞれを比べてみると一目瞭然ですね!

相手リーダーを攻撃出来るのが疾走、出来ないのが突進ということです。

なので能力としてより優秀なのは疾走で、突進は疾走の廉価版、のようなイメージかと思います。

ただ、場にでた瞬間から攻撃が出来るという点は両方共通していて、これはかなり優秀な能力の一つですのでシャドウバースプレイヤーならどちらもしっかり駆使して戦っていけるようになると良いかなと思いますね!

疾走と突進のうまい活用方法

ということで、疾走と突進の特徴と違いが分かったところで、次はこの2つの能力はどういう場面で活用するのがいいのか、考えてみたいと思います!

まずは疾走ですね。

疾走が最も光る瞬間は、相手リーダーへのフィニッシュを決めるとき。

例えば、相手リーダーの体力を3まで減らしておき、次のターンで攻撃力3の疾走持ちフォロワーを出せばその瞬間に勝利が確定します。

疾走を持っていない場合には場に出たターンは攻撃をすることが出来ないため、フィニッシャーとしての大きな能力を持つのが疾走という能力ですね!

疾走が攻めの能力であるとしたら、突進は守りの能力です。

突進も疾走と同じく場に出たターンにそのまま行動することが出来るという能力ですが、そのターンに相手リーダーに直接攻撃は出来ないため相手フォロワー処理がメインの活用方法になります。

こちらがおいつかないくらいに相手にフォロワーを展開されてしまったりした時に、この突進持ちのフォロワーがいれば同じターン内にピンチを脱出することが出来ます。

まぁただ、疾走もフォロワーを攻撃することは出来るため、突進と同じくピンチを脱出するために活用することも可能です。

まとめ

今回はシャドウバースの能力、疾走と突進の違い等についてお話してきました!

名前だけ見るとややこしいこの2つの能力ですが、数ある能力の中でもかなり使いやすく、汎用性が高いものになりますのでその仕組を知ってうまく活用していってくださいね~♪

ところで・・・

 

シャドウバースの500万ダウンロード突破記念でクリスタルが無料配布されているのをご存知ですか??

 

→シャドウバースのクリスタルを無料で集める裏ワザ

 

僕もこれでクリスタルもらってミッドレンジロイヤル作りましたw

 

もちろん無課金に拘ってシャドウバースをやるのもいいと思うんですけど、せっかく無料で簡単な作業だけでもらえるからやっておくのがオススメ!

 

レジェンド大量ゲットで友達に差をつけちゃいましょう♪

 

→クリスタルを無料で貰って最強デッキを作っちゃおう!

シェアする

フォローする